鍋料理を中心に食材選びのコツやレシピを紹介します。

カテゴリー 

最近の記事 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

月別アーカイブ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

土鍋のこといろいろ

土鍋を割れることなく長く使う為のルールです。

土鍋は大事に使えは何年でも持ちます。

使い込んだ土鍋で食べる鍋料理はまた格別です。

ひび割れやカビを防ぎ長く使いましょう。

はじめて土鍋を使う場合は準備してから使います。

(1)土鍋に米大さじ2くらいと水を八分目くらいまで入れて、20分ほど煮ます。
米のとろみでひびが入りにくくなります。
使っている途中でひびが入ったときも、同様にするか、おかゆなどを炊くと、ひびがの中に米のりが入って強くなります。

(2)ぬれたまま火にかけないこと。
土鍋の底が濡れている状態で火にかけるとひび割れの原因になります。
必ずふきんで水けをしっかりふき取ってから火にかけてください。

(3)温度差はひび割れの原因になります。
まださめきらない熱い土鍋をいきなり冷たい水で洗わないで下さい。
充分にさめてから洗ってください。

(4)乾かしてからしまうこと。
乾ききらないまましまってしまうと、土鍋にカビがはえてしまうこともあります。
風通しのいい所で充分に乾かしてからしまいましょう。

スポンサーサイト
2006/01/18 15:38|未分類TB:0CM:0

美味しい鍋料理とレシピ

寒くなるととたんに登場回数が多くなるのが鍋料理。

準備が簡単で、家族そろって食べられて、

温かい食卓が即座に作れるすぐれものです。

ところが、悩みが一つ。

登場回数が多い割には、レパートリーが少ないということ・・・。

「また、鍋かぁ」と旦那さんや子供に言われない、言わせない

数々のおいしい鍋料理をご紹介します。


▽続きを読む▽
2006/01/04 12:09|未分類TB:0CM:0

RSSフィード 

リンク 


ミネラルファンデーションのおすすめ 新古車 建設 人材 レッスン 東京 社会人サークル 平塚のパンの通販 アロマテラピストの役立つ情報 真木明子の役立つ情報 ラクトフェリン
含有量が通常の2倍!実績多数で感動の声多し

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。