鍋料理を中心に食材選びのコツやレシピを紹介します。

カテゴリー 

最近の記事 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

月別アーカイブ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

油の温度の簡単な見分け方

天ぷらやフライ、から揚げ、油通しなどころもや材料によって、揚げる温度が違い、料理書には中温でゆっくりなどと書いてあります。

ころもを落としてみて、浮き上がり方で見ます。

●低温・・・150~160度
ころもを1滴落としてみて、ころもが底まで沈んでから、ゆっくりポコッと浮いてくればだいたいこの温度です。

●中温・・・170度前後
落としたころもが、油の中ほどまで沈み、すぐに浮いてくる状態です。 ほとんどの揚げ物はこの中温で揚げます。

●高温・・・180~190度
はしでころもを落として、油の表面でパッと散るようならこの温度です。
煙が立ったらさらに高温なので要注意です。

だいたいこの3段くらいに使い分けます。

スポンサーサイト
2006/06/07 16:48|揚げ物TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://gurume777.blog45.fc2.com/tb.php/8-2d9c8df1

RSSフィード 

リンク 


ミネラルファンデーションのおすすめ 新古車 建設 人材 レッスン 東京 社会人サークル 平塚のパンの通販 アロマテラピストの役立つ情報 真木明子の役立つ情報 ラクトフェリン
含有量が通常の2倍!実績多数で感動の声多し

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。